制度について

ぎふの未来をつくる人、
応援します!

ぎふ建設人材育成
リーディング企業

ぎふ建設人材育成
リーディング企業とは?

道路や橋、トンネルといった
社会の基盤となるモノをつくり
また災害発生時に現場で復旧作業に当たるなど
人々のくらしを支える建設産業。

岐阜県には、約9,000の建設関連企業があり
日々、私たちのまちの安全安心を守っています。

これら建設関連企業の中でも、
働きやすく魅力ある職場づくりに
積極的に取り組んでいる企業を
県が優良企業=「ぎふ建設人材育成リーディング企業」として認定しています。

リーディング企業はどんな取り組みをしているの?

次のような、建設産業で働く人を大切にし、
これからの建設産業を担う人を育て、
建設産業の魅力を高めることに
積極的に取り組んでいます。

週休2日制の導入や時間外労働の削減
給与・福利厚生の充実など
若い人や女性の積極採用
資格取得の支援など
働く人の負担を軽くするICTの活用
安全な現場や多様な働き方ができる
職場づくりなど
どうやってリーディング企業に認定されるの?

建設関連企業からの申請を岐阜県が審査し、
企業の取組みの達成度に応じて、
ゴールド、シルバー、ブロンズの
3つのランクで認定します。


令和6年1月1日現在、337社の建設関連企業が
リーディング企業に認定されています。

リーディング企業、認定制度のことをもっと知りたい!

リーディング企業のことをまとめた「認定企業集」や「岐阜県技術検査課公式Instagram」、
認定制度や申請方法のことを詳しく説明している「岐阜県ホームページ」をご覧ください。

建設産業をもっと知りたい!

県では、建設産業の役割や魅力を
わかりやすく伝えるオリジナル動画を
5種類制作し、YouTube上に公開しています。
ぜひ視聴してみてください。

暮らしの側にいつも建設産業(役割編)【1m46s】
働き方が変わる建設産業(労働環境の改善・女性の活躍編)【1m49s】
ICTの活用が進む建設産業(ICT活用編)【1m42s】
未来の街づくり・進化する建設産業(総括編)【5m1s】
暮らしを支える建設産業(若手社員の1日に密着編)【7m5s】